LIVE AND LEARN / 強力なメッセージソング

AMERICAN LIFE BAD NEWS MESSAGE

LIVE AND LEARN

■ 生きるってことは 学ぶってことだ
■ 生き残って 学ぶんだ
■ 何んとか生き残るんだ
■ 何んとか生きるんだ

上手く表現できないんですが
この曲の場合は “何とか生き残って、学ぶんだ” が、しっくりくるの
かなって思います。
“生き残る” としたのは、アメリカで道を外れてしまうと、何かに巻き
込まれる可能性と命の危険が、いつもあるからです。

JOE PUBLIC

ニューヨーク州の BAFFALO 出身のバンド “JOE PUBLIC” なんですが
この曲を聴くとマンハッタン時代を思い出します。
この曲は、ヘビー級にアメリカでヒットし、世界でもヒットしました。
“LIVE AND LEARN” の歌詞から伝わる強力なメッセージは、若くして
道を踏み外してしまわないように、今踏み止まらなかったら、もうその
先に未来はないぜ。

アメリカには日本では考えられない危険な誘惑が、すぐそばにあります。
普通に学校に行き、普通に暮らしていれば、危険なことに巻き込まれる
ことはありません。
誘惑に溺れることは、楽なのかもしれない、色々な環境もある、でも
それを言い訳にしていると、いつまでも戻れなくなる。

■ 死んでしまったら、人生それまでだ。
■ しっかり生きて、学ぶんだ。

PVでは、少年が銃を拾ってしまうシーンが、描写されていますが
あのコイントスが、どっちに出るのか・・・
もし銃を手にとってしまっていたら、誰かの命が、もしくは自分の命
が危険にさらされてしまう。
アメリカの深刻な社会問題です。

■ 少年が銃を投げる描写が好きです。
■ 今こそ暴れているアメリカの若者に、伝えたいメッセージソングです。

アメリカでは

暴動や事件が起こると、すぐ銃に関する規制などを訴える声があがり
ますが、一切何も変わらないし、どんどん酷くなっていくアメリカ・・・
今ほど危険なアメリカはないと感じます。
銃の販売や購買が減るのではなく、逆に売れるようになってしまう。
“自衛するしかない” というマインドになるのがアメリカです。
それは昔から何も変わってない。
平和に向かうどころか、もっと危険なアメリカに突き進んでいます。

ミネアポリスでは

警察を解体するという、とんでもなくバカげた提案をしている連中が
いるようですが、そんなことをして、もし凶悪犯罪に巻き込まれたら
誰が命を懸けて助けてくれるの?
自分で凶悪犯罪者を返り討ちにするの?
自分の防衛スキルで、本当に凶悪犯罪者から自分の家族を守れるの?

■ 間違いなく守れません。
■ 極少数な人たちだけで、素人には無理です。
■ 訓練された警官と素人と、護身術も銃の扱いも次元が違います。

解体し、構築し直すというものらしいけれど、そんなキレイなことを
言ってると、警官になりたい、警官になろうとする若者がいなくなるし
何よりも殉職する警官が増えるのは間違いないです。

やり過ぎた、もしくは無実のものを差別意識で冤罪にする、無防備で
無抵抗な者に発砲するなど、明らかに悪徳な警官がいるならば、法で
裁けばいいだけだと思います。

凶悪犯罪者を相手にする現場で、呑気なことは言ってられないです。
危険なアメリカで、キレイごとは通用しないし、自分が事件に巻き
込まれてからじゃ、後悔しか残らないって思います。

“銃” がある限り

撃った者は犯罪者たちが詰め込まれてる刑務所に行き、撃たれた者は
あの世行きです。
銃犯罪は増え続けて、なくなることは絶対にありません。

アメリカがアメリカでなくなっていく

なんでも映像に撮られるようになって、今の時代は、ある意味で有効
だし、強力な証拠になったりする反面で、警官が今後おかれる現場の
やりにくさは、現場力を弱体化させ、何よりも判断をにぶらせること
になるでしょう。

もっと俯瞰で冷静に観ないと、アメリカは無法地帯になります。
誰も安心して、アメリカで暮らせなくなります。
これ以上、自分たちのアメリカを破壊しないでほしい。

MY DREAM IS STILL ALIVE
ROUGH BOY